« フランス公務員の通勤手当 | トップページ | 白人を除け者にすることは差別にならないのか »

2013年12月 2日 (月)

細胞分裂と生き物と3歳児の心

ここ最近幼稚園で、何かに取り付かれたように、細胞分裂のような絵を描いてくる息子 ↓



Dscn6032
(左側にある「きつね」に見える絵は気のせいではなくて、本当に「きつね」を描いたと言っていました。でもここ2週間で、この「きつね」以外は全て「細胞分裂」なのです。) 




3歳にして、自分のスタイルを確立してしまったのかと思いきや、




家ではひたすら「生き物」を描いています ↓








Dscn5728Dscn5826Dscn5753Dscn6034







さすがに、「幼稚園ではまだまだ細胞分裂の段階にあるけど、家では自我が完全に芽生えてるよ」とか、「みんなが同じように扱われる集団生活と自己主張の強い私生活の違いだよ」、なんていう意味ではないとは思いますが、「描き分ける」理由はそれなりにありそうで、ちょっと怖い気もします。


ためしに、「幼稚園で人の絵描いてきて。」と頼んだら「ノンノンノ~ン!」と真剣に拒否されました。


なんで??








« フランス公務員の通勤手当 | トップページ | 白人を除け者にすることは差別にならないのか »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1844700/54128862

この記事へのトラックバック一覧です: 細胞分裂と生き物と3歳児の心:

« フランス公務員の通勤手当 | トップページ | 白人を除け者にすることは差別にならないのか »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ